PublicDomainPictures / Pixabay

PC98は古くても価値が高いものです。

PC98は、かつては日本国内でパソコンとしての地位を確立しており、独擅場の名機でした。
そのため多くの企業に使われ工場等や事務など使わており活躍していましたが徐々にその場は失われていきます。

しかし古い工場などでも今でも活躍しているのです、なぜならば複雑ではないプログラムなどのため単純でよくコスト単価が安く住むのです。また大手の工場などでもまだ動いているのです、新品のPC98などは高価な値段がついているのはこのようなためなのです。

フロッピーなどもまだ使われているのですが手入れなどが行き届いていないためにカビなどが生えてしまい読み取れないなどの事も出てきますので保管も大切です。

基盤類などは最悪取り替えればよく長く使われているのです、最新のパソコンへシステムを変更するのはコストが高く付いてしまうよりはそのまま維持したほうが安上がりですのでまだ使われているのです。
数十年も動くようなパソコンは無いものですし激務に耐えるこのPC98は類を見ない名機だと思います。