succo / Pixabay

外国人が買い付けるほど人気のPC98

現在、アメリカやヨーロッパなどの欧米諸国から日本を訪れた外国人が、日本の中古市場で売買されている往年の名機パソコンであるNECのPC98シリーズを多数買い付けているのを皆様はご存知でしたでしょうか。

1980年代の中頃から1990年代前半、そして最終的には現役パソコンとして1990年代後半までのおよそ15年間の間、日本の流通しているパソコンのシェアの実に9割を獲得していたNECのPC98シリーズのパソコンですが、当時は数十万円という価格帯で売られていたPC98シリーズのパソコンには現在もファンが多く、そのファン層は日本のみならず世界中に広がっています

特に欧米諸国のプログラマーやバイヤー、ゲームファンの中にはPC98シリーズを買い付ける為に日本を訪れ、日本の中古ハード機器や中古パソコンを専門的に取り扱う店舗やインターネットの中古パソコン買取販売サイトを利用して、格安の価格で状態の良い中古のPC98シリーズのパソコンを手に入れる人が以前よりも増しています