Skitterphoto / Pixabay

あの名作ホラーアクションゲームもPC98シリーズのゲームが元祖だった

皆さんは、「家庭用ゲーム機で楽しむ事が出来るホラーアクションゲーム」と聞いて、どのようなゲームタイトルを思い浮かべますでしょうか。
おそらく、ほとんどの人が「ゾンビが登場するホラーアクションアドベンチャーゲーム」を連想するのではないかと思います。

この、家庭用ゲーム機で「ホラーアクションゲームの代名詞」ともなっている名作シリーズのゲームは、元々は日本国内ではNECのPC98シリーズでプレイ出来るパソコン用の3Dポリゴンアクションアドベンチャーゲームが進化した物とされています

1992年に海外で販売されたサバイバルホラーゲームは、当時は珍しかった最先端の3Dポリゴンを駆使したアドベンチャーゲームであり、実際の3D空間で作られた洋館の館内や館の周りの洞窟などを主人公のキャラクターが探検しながら進み、敵を銃で倒したり、トラップを解除しながら進むなど、斬新なシステムが話題となった名作でした。

この1992年に販売されたホラーアクションゲームが、国内のパソコンではNECのPC98シリーズ(PC9821シリーズ)でプレイする事が出来ました。
今では当たり前のように世界中のゲームファンに知られているホラーアクションゲームも、元をたどれば日本ではNECのPC98シリーズでプレイ出来る名作ホラーアクションゲームだったのですね。