blickpixel / Pixabay

PC98が壊れてもまだまだ修理は出来る

今ではとんと見かけることが無くなったPC98シリーズ。
かつては日本全国を席巻し、パソコンといえばPC98シリーズとも言われていたパソコンですが、WindowsやMacintoshの台頭で徐々に消えていきました。

しかし、まだ会社などでは使っているという所も珍しくはなく、ごく一部で現役稼働中となっています。
そうなると困るのが故障したときで、すでに家庭用としては需要が無いうえにメーカー保証も切れているので、修理はなかなか大変です。

修理用のパーツは、今だとネットオークションで手に入ります。
オークションでは結構頻繁に分解されたパーツであったり、ジャンク扱いで本体丸ごと出品されていたりしますので、それを買い求めると良いでしょう。

実店舗の中古パソコン屋などでは、在庫のスペースの関係などで見つけるのは難しいかもしれません。自分で修理するのは不安という方も心配は要りません。

実は、今でもPC98シリーズを専門に修理する業者があり、やや値は張りますがそういった所に依頼すれば修理することも可能です。
もし、会社のPC98が壊れたとしても、修理する手立てがないわけではないのです。