Alexas_Fotos / Pixabay

PC98のゲームの良い所

昔はPC98のようなパソコンゲームと家庭用ゲーム機とでは大きな違いがありました。本体性能の違いがゲーム内容に影響を与えました。

家庭用は画面は粗いですがキャラがグリグリ動くのでアクションやSTGに向いていましたが、PC98ゲームはそういうものがすごく苦手なんです。

その代りグラフィックがものすごくキレイなのと、ディスク入れ替えをすれば容量は気にする必要はなく、ディスク7枚組みなんてゲームも沢山ありました。

この性質を利用して、PC98ゲームは静止画をメインとするゲームが流行しました。代表的なものでいうと光栄の歴史シミュレーションシリーズが挙げられます。三国志や信長の野望等はこの頃に大人気のものとなったんです。

他にもジンギスカン、ヨーロッパ中世を舞台にしたロイヤルブラッド、船で世界中を回る大航海時代などあります。
どれも基本的に静止画で、コマンド入力をしてゲームを進行させていく、コマンド数も沢山あり20項目ぐらいありますが、キーボード入力をすれば簡単にできます。パソコン本体の性能とフル活用したゲーム作りができています。

他にも大人向けなゲームとかもPC98とは相性が良かったです。
画質は今でも十分通用するぐらいキレイなので、当時としてはすごいクオリティでした。容量がきつい!となっても、ディスク追加すればいいだけなので、容量問題もおきません。また家庭用と違って子供がプレイするということは考えなくてもいいので、内容もすごく過激なものが多く、この頃にエロゲーというものが大発展しました。

静止画でなく、アクションもので大人気になったゲームもあります。
日本ファルコムのイースシリーズやソーサリアン、英雄伝説等です。このシリーズは家庭用ゲームに何回も移植されましたし、今でもリリースされてる作品なので、知ってる方も多いと思います。

グラフィックはとてもキレイですが、キャラクターの動きはカクカクっとしました。しかし音楽がものすごく良かったんです。
当時はゲーム音楽なんてショボくて当たり前だったので、革命的とさえいえるクォリティでした。その結果PC98には不向きなアクションものを多数出してるにもかかわらず、PC98ゲーム内で1,2を争うTOP会社となりました。

このような感じで現在の家庭用ゲームでも名前を聞くようなビックナンバーがPC98から誕生し、発展していったわけです。
今でも十分通用するクォリティのゲームが多いので、機会があれば一度プレイして欲しいものです。